1月

10

私はキリスト教信者。千葉の葬儀参列に数珠がないとダメ?

キリスト教や神道の人は、無理に数珠を購入したり、持ち方・扱い方に悩んだりする必要はありません。

素手で焼香し、軽く手を合わせる程度で構いません。

■素手のままで焼香しても何の問題もない。

異教徒の人が葬儀に参列するのに、無理やり数珠を購入したり数珠の持ち方・使い方などを教わって悪戦苦闘したりす必要はありません。

国内には在留外国人の方がかなりいます。

そのような方全員が数珠を持参し、正しい持ち方までを習得して焼香台に向かっているのかといえば、数珠なしで葬儀に参列している人が大半です。

千葉の葬儀でもそのような光景を目にすることが良くあります。

■異教徒でも数珠でというなら略式の数珠。

たとえばキリスト教にもプロテスタントとカトリックでは葬儀の様式に違いがあり、神道にも異なる会葬の仕方があります。

それと同じで仏教徒でない人は、数珠や数珠の持ち方などを気にせず、手ぶらで参列しましょう。

どうしても気になる方は、略式の安価な数珠が売られているので、それを携えればけっこうです。

千葉の葬儀会館にも、携行品の売店をもつホールがあります。

■数珠がないからといって数珠の貸し借りをするのは感心しません。

数珠を忘れたり持ち方がわからなくなったりしたら係員に尋ねましょう。

数珠は所有している人の分身であり、魔除けの役を果たしています。

他人との貸し借はその意味でもマナー違反~。

万一の時は千葉でも、葬儀場のホール担当者などに一声かければサポートしてくれます。

お清めをした貸出用の数珠もあると思います。

間に合わないときはそのまま焼香しても大丈夫です。

Posted in キリスト教と葬儀と数珠 | 私はキリスト教信者。千葉の葬儀参列に数珠がないとダメ? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.